母校で講談! 最高の時間でした。

11月2日、母校の大阪市立東生野中学校の学園祭で、『ミチコ先生とマーマレードと対馬丸』を全校生徒に聞いて頂きました。現在の川田校長が同級生です。8月7日の独演会以降、約3か月ぶりにこの話をするので緊張しました。しかし、不思議なくらい体育館の中の空気が良かったんです。

ここ数日、初めに何をしゃべろうか、どう自己紹介しようかと、悩みました。13歳から15歳の学生に、上から目線の先輩のメッセージは要らない。先の戦争のことや、今のロシアのことを言われても受け止められるだろうか。私は話したいことを、どんどん削りました。そして、私の中学時代の思い出が今の講談師の私につながっていることと、『疎開船』『箝口令』の言葉の説明をして、日本も今のロシアと同じような過ちをしてきたと話ました。

私は、これまでの経験以上に、伝わるように伝わるようにと、会場を見回して語りました。その結果、とても気持ち良い時間が流れました。どこから雑音が聞こえることもなく、咳一つ聞こえず、まっすぐ見てる子も、少々動く子もいたけど、先生方はその存在をスタッフに徹して、体育館に溶け込んでいるように思いました。川田校長初め、綿密なご準備のおかげです。

またまた、これは誰にお礼を言えばいいのかと思うに、見えている方々の向こうに、見えていない方々のお力を頂いているようです。90歳になられる岡島先生や多々見先生もきてくださいました(校長室の写真の右のソファ)。本当にありがとうございました。南照

カテゴリー: 最新ニュース | 母校で講談! 最高の時間でした。 はコメントを受け付けていません

秋の独演会も無事開催できました。

皆様、お元気ですか。夏の独演会からあっという間に時間が経ち、8月19日、20日は東京公演も無事できました。そして、10月16日に国立文楽劇場小ホールで、秋の独演会も無事開催できました。ありがとうございました。今年は、大変欲張りなことに、夏と秋、趣向の違った独演会ができて、今大変ほっとしております。本当に自分がやったのか、ガッチリした手ごたえはなく、何か不思議な力に動かして頂いたような感覚です。よって、天に向かって、360度周りに向かって、地に向かって御礼申し上げます。「また、神がっかったこと言って」とお客様には言われそうですが、全てがスイスイと進行した体感としては、動いている、動かされている、乗っかっている感覚です。辛かったのは、ネタの暗記だけでした。しかし、それもできた。覚えられるものに砕いて砕いた結果ですが、乗り切りました。本当にありがとうございました。南照

カテゴリー: 最新ニュース | 秋の独演会も無事開催できました。 はコメントを受け付けていません

夏の独演会 無事開催できました

8月7日(日)無事独演会ができましたこと、心より御礼申し上げます。国立文楽劇場の大劇場で、厳しいコロナ禍、会場にいっぱいのお客様が来てくださいました。お客様皆様がお誘いあわせてくださった結果です。多大なるお力をいただき、私は今、不思議な物を身にまとわせて頂いている感覚です。大きな力をしっかりと体全身で受け止めました。本当にありがとうございました。

まだ、写真がありませんので、終演後に楽屋暖簾の前で撮りました「音ノ羽」さんとの写真と、南鈴との写真です。動画はこのホームページの動画サイトにあげましたので、ご覧ください。北林佐和子先生の演出で美しい舞台を作り上げてくださいました。目に見えるもの、見えないもの、全てに感謝して、前に進みます。今後ともよろしくお願いいたします。南照

カテゴリー: 最新ニュース | 夏の独演会 無事開催できました はコメントを受け付けていません

7月17日 師匠を偲ぶ「塾発表会」と「一門会」

7月17日(日)文楽劇場小ホールにて、朝9時からリハーサル、11時から講談塾塾生さん発表会、18:30から一門会をしました。終了は夜の9時。お見送りできないので、最後に出演者並んでの記念撮影をしました。塾生さんお客様と共に、終日師匠旭堂南陵を偲びました。コロナの影響もあり、直前で出演者が減りましたが無事開催できましたことに感謝いたします。いつも講談塾でお部屋をおかりしている「東西屋」さんからお花をいただきました。

カテゴリー: 最新ニュース | 7月17日 師匠を偲ぶ「塾発表会」と「一門会」 はコメントを受け付けていません

一門だからできること! 師匠の三回忌と東京公演

7月17日は一門会で師匠を偲びます。師匠の存在は毎日ありますから、一門で感謝を伝える日にしたいと思っています。8月20日は、初めての東京一門会です。これは彼岸の師匠を驚かせたいと思っています。「おまえら頑張ってるなあ」「ええぞ、もっともっと頑張れ」と声が聞こえるように頑張ります。一人ではできないけど、一門だからできることがあります。皆さま、応援よろしくお願いします。南照

カテゴリー: 最新ニュース | 一門だからできること! 師匠の三回忌と東京公演 はコメントを受け付けていません

沖縄報告 追加その2

取材日(6月17日)から2週間経って、琉球新報に掲載された記事です。若い男性新聞記者があまりにも熱心に取材してくださるから、「何ページさいてくださるんですか」と質問したくらいでした。彼はきっと2週間格闘してくれたに違いありません。熱血記者の一心さんに心より感謝します。じっくり読んでくださいませ。南照

カテゴリー: 最新ニュース | 沖縄報告 追加その2 はコメントを受け付けていません

沖縄報告 追加

先の投稿で、沖縄舞踊の由美さんの写真と、嘉数中学の写真と、小学生の代表がお礼の言葉を言ってくれてる写真がなかったので、追加いたします。

皆様との繋がりを大切にこれからも「ミチコ先生とマーマレードと対馬丸」を語ってまいります。南照

カテゴリー: 最新ニュース | 沖縄報告 追加 はコメントを受け付けていません

沖縄公演ご報告

6月15日から20日まで沖縄に行ってきました。

16日は宜野湾の嘉数中学校、17日は普天間の小学校と市役所に行ってきました。

行かないとわからないことはありますね。

基地のある町は、危険と背中合わせです。オスプレイというヘリコプターが低空飛行しています。そして、子供達はしっかり平和学習をしています。

3か所は、対馬丸記念館館長の高良政勝様と同行でした。まず、実際に対馬丸に乗船していた高良さんのお話を15分程聞いてから、私の講談「ミチコ先生とマーマレードと対馬丸」を聞いていただきます。

市役所は職員や一般の方々等ですが、泣いて聞いてくださいました。

そして、18日は対馬丸記念館で講談会をしました。沖縄の友人の瀬名波由美さんが、琉球舞踊「浜千鳥」を踊ってくださいました。

実はこの講談会に合わせて、友人が大阪や東京から10人来てくれました。お客様も二人。そして、奈良女子大学の同窓会の沖縄支部の先輩も10人来て下さいました。

記念館は80人、満員御礼でした。やはり、ここでやる意義があります。何度もこの講談を聞いてくれてる友人も、今日は気迫が違ったと言ってくれましたし、会場の皆様の様子も真剣なまなざし、すする涙、会場が一帯になったと思います。

新聞沖縄タイムスに取り上げていただきました。琉球新報の記者さんは感動しすぎて、まだ掲載の知らせがありません。(笑)

何度も沖縄に行きたいし、本土の中学校や小学校でも聞いてもらいたいとおもっています。南照

カテゴリー: 最新ニュース | 沖縄公演ご報告 はコメントを受け付けていません

2022年5月たくさんの方々にお目にかかりました!

五月は、不思議な程に、いろいろな場所で講談をいたしました。7日の富田林じない町、8日の奈良大安寺、9日長居障害者スポーツセンター、15日ミミスクール、19日宝塚中央公民館、22日茨木市きらめきホール。計画を立ててくださいました方々と、相談を繰り返し行い、当日を迎え、全てが無事、よいお天気にも恵まれ、好評のうちに終わりましたことを、心より感謝申し上げます。講談の中で学び、心ふるえ、また一歩前に歩かせていただきました。お目にかかりました皆々様に感謝申し上げます。南照

カテゴリー: 最新ニュース | 2022年5月たくさんの方々にお目にかかりました! はコメントを受け付けていません

8月7日にむけて、毎日、毎日がどきどきです。

今年の5月の連休は、たくさん講談会がありました。

5日は2年ぶりの「いくたまさん」、7日は富田林じない町交流館、8日は奈良の大安寺、9日は長居の障害者スポーツセンターでした。たくさんの方々にお目にかかり、講談を聞いていただき、独演会のことをお伝えしたら、思いのほか多くの方々がチケットを買ってくださいました。

一歩一歩ですが、8月7日に来てくださる方は、200人を超えました。とても有難いです。753席はとうてい満席にできる数ではありませんが、お一人お一人のお気持ちにワクワクしております。引き続きよろしくお願いいたします。南照

カテゴリー: 最新ニュース | 8月7日にむけて、毎日、毎日がどきどきです。 はコメントを受け付けていません